進化する矯正方法

歯列矯正装置の豆知識

矯正

歯列矯正ができる装置というと、金属を使ったワイヤーが一番有名です。しかし、今はワイヤーを使用しなくても目立たない装置で快適に矯正ができるように医療が進化しています。 透明のブランケットで行う「審美ブランケット矯正」は、金属性のブランケットとは違ってあまり目立たず、そして金属アレルギーのある人でも使用することができます。歯の裏側にブランケットを装着する「裏側矯正」は、表からは装置が見えないのでほとんど矯正していると分からない仕組みになっています。 ワイヤーもブランケットも使用しない「マウスピース矯正」は、透明なので目立たず、矯正中も自由に取り外すことができます。短期間で矯正ができるのもメリットです。

クリニックはカウンセリングで選ぶ

大人になってから歯の矯正をする場合は、子供の矯正と違って自分自身で矯正歯科クリニックを選ぶ事ができるというメリットがあります。矯正歯科は沢山あるので、その中から信頼できるドクターがいるクリニックを選ぶことが大切です。 歯列矯正が希望通りに仕上がるかどうかは、本人の努力と共に、ドクターの腕にもかかっています。矯正歯科の中には最初のカウンセリングを無料でしてくれる所もあります。カウンセリングを通して、治療方法、治療期間、治療費用、メリット・デメリットなどをしっかりと説明してくれるドクターなら信頼できます。一方的に「こうした治療がいいだろう」と押し付けるのではなく、沢山の選択肢を用意してくれる矯正歯科が理想的です。